銀座カラー盛岡菜園店

未成年の年齢で脱毛を行うには

女性であれば年齢に関係なく脱毛に興味を持つものですが、未成年の場合には十分な効果が得られない場合も多いため、通常では成人してから行うのが適しています。未成年が脱毛を行うには親権者の同意書が必要になりますので、年齢的な面と費用的な面から両親の判断を求める必要があるのです。

親権者の同意書が無ければエステサロンでも絶対に施術は行いませんので、逆に親権者の同意書が無くても脱毛を行うエステサロンは避けるべきだと言えます。低年齢の脱毛には十分な効果が得られないケースが多くなりますが、成長段階にある未成年の場合は毛が再生する可能性が高くなってしまうというデメリットがあるのです。

成長期を過ぎてから脱毛を

脱毛は毛が発育する時期に合せて行いますので、成長期にある場合では再生率が高くなってしまうという仕組みがあるのです。ですから、できるだけ成長期を過ぎてから脱毛を行った方が効果が得られやすくなるのです。エステサロンでは低料金でできるというメリットがありますが、成人前の収入が少ない世代には施術費用の負担も大きくなってしまいます。

せっかく脱毛を行っても毛が再生してしまうと無駄な出費をしてしまうことにもなりかねませんので、成人を一つの目安として行うのが効果的だと言えます。当然のことではありますが、人には個人差がありますので年齢だけでは判断できない部分もあります。しかし一般的に若年層の脱毛では成長と共に毛が再生しやすくなるため、十分に理解した上で脱毛を行う必要があると言えます。

↑ PAGE TOP