銀座カラー盛岡菜園店

脱毛後のわきがは汗腺の活性化が原因

脇の下のムダ毛を脱毛処理したあと、わきがが以前よりもひどくなった、または以前は臭いがなかったのに急に気になるようになった、そんな声はずいぶん多く聞かれます。 まず、わきがの原因は、脇の下にあるアポクリン腺から分泌される汗です。

分泌物そのものは無臭なのですが、にじみ出たあとで皮膚の常在菌によって分解されると、特有の臭い成分が発生します。 一般的には、ムダ毛を脱毛すると汗がすみやかに蒸発して皮膚の上にとどまりづらくなるため、腋の臭いは軽減されるといわれています。しかし実際は、上記のように臭いに悩まされる方が多いのも事実です。

臭いの他に発汗そのものが増えた

こうした症状の原因は、データが少ないこともあり、はっきりと解明されていませんが、レーザーやフラッシュによる脱毛の熱が原因ではないかという説があります。 これらは毛根に熱を加えて脱毛させる方法ですが、その際、毛穴の近くにあるアポクリン腺が熱で繰り返し刺激を受けて活性化し、汗の分泌が増えるのではないかと考えられています。

こうした症状は今まであまり耳にしませんでした。つまり、ワックスなどの脱毛で脇の下が臭うようになったという事例は多くなかったのだと思われます。データがまだ少ないということから推測できますが、おそらくはレーザーやフラッシュによる脱毛処理が広まった近年に問題化した症状であり、そのように考えると、前述の説は有力だといえるかもしれません。

実際、臭いの他にも、発汗そのものが増えたという事例もかなり多く、ひとつの裏づけになるように思われます。 わきがは皮膚の常在菌が作り出していますから、アルコール水溶液で脇の下を拭くなどするだけでかなり改善されます。根本から治療したい方は、アポクリン腺を除去する手術があります。

↑ PAGE TOP