銀座カラー盛岡菜園店

脱毛トラブルで多いやけどの対応について

脱毛の施術において特に多いトラブルとして、術後の肌がやけど状態になる事が挙げられます。 エステサロンや美容外科で一般的に用いられる脱毛技術は、フラッシュ方式またはレーザー方式であり、どちらの場合でも肌の状態や照射の強さによっては起こりえるトラブルとされています。

光やレーザーを肌に照射した直後は皮膚の色が全体的に赤っぽくなり、表面が熱く感じられる傾向にある為、施術を行った担当者だけでなく本人も気づかずに後から発覚する可能性が考えられます。 脱毛の施術でやけどを引き起こす主な原因としては、照射する光やレーザーが強すぎて肌にダメージを与えてしまう場合の他に、使用するジェルが普段よりも少なかったり、本人が気づかないうちに日焼けを起こしている例が該当します。

アフターケアが充実している店舗で脱毛

光やレーザーによる脱毛は肌の黒い部分に対して効果を及ぼす技術であり、日焼けを起こしているとその部分に反応してしまい、非常に危険なので事前に確認しておく事が大切です。 また、脱毛を扱っている施設の多くは、このようなトラブルに対して対応できるようにアフターケアが充実しているので、脱毛後に少しでも気になる部分があれば担当者へ早期に伝えるべきです。

脱毛によるやけどのトラブルは発見が遅れるほど悪化する可能性が高く、酷い場合には水ぶくれとなってしまう可能性があります。 尚、帰宅後に肌の異常を感じた場合は患部をよく冷やし、施術を行った担当者に連絡して処置方法を訊くのが適切な方法と言えます。

↑ PAGE TOP